施主様インタビュー

施工例17:千葉県市原市

「社長の”家への考え方”を聞いて、共感する部分があったというのも大きかったんです。」

●当社を選んだ理由は?

他社さんで木製サッシュを見て、家を建てるなら木製サッシュが良いと思いました。だから、アンダーセン社を標準仕様で使っていて自由設計が可能な北総ハウジングさんを選びました。
また、本社に行った時に、社長の”家への考え方”を聞いて共感する部分があったというのも大きかったです。

●担当営業スタッフの対応はいかがでしたか?

質問に対しての回答も一生懸命答えてくれました。
工事監督さんも迅速に対応してくれました。

●掃除などメンテナンス性はいかがでしょうか?

キッチンの天板を御影石にしたから、掃除が楽です。

●電気・ガス等のコストはどうでしょうか?
オール電化にしたので、電気代がマンションに住んでいた時とあまり変わらなくていいですね。
当社は完全自由設計ですので、システム面や間取りなど、施主様の生活スタイルやご希望を取り入れた住宅を建てることが可能です。
●夏・冬時の体感温度などはいかがですか?

冬は朝でも13℃以内で、朝起きるのが楽になりました。

●当社について、もっとこうしたほうが良いのではないかという点があればお聞かせください

ウェブサイトがだいぶよくなったと思う。以前は更新されてなかったり、内容がわかりにくいところもあったけど、今は見やすくなったと思います。

●当社をお知りになった媒体名

『千葉で家を建てる』を見て知りました。
また、偶然にもお願いしていた設計士さんに現場を見せて頂いたのがこちらだったんです。
インタビューのご協力ありがとうございました。これからも施主様と共に北総ハウジングは歩み続けます。


外壁はフランス産(ゲーテハウス社)の塗材仕上げ。 素焼きかわらを用いました。



コーラー社製シンク&フォーセット
天板:御影石<インパルブラック>

キャニオンクリーク社の無垢オーク材キャビネットに、 施主様こだわりの輸入チェアー 。


左:マジェスティック社製の暖炉(FFガスファンヒーター)。
右:ダイニングはパイン腰壁、床はテラコッタ。

左:フローリング部は、無垢メイプル19ミリ(全室共通)
右:琉球風市松畳


左:バニティーキャビネットはコーラー社製。

↑このページのトップへ